「今から社に戻ります。」
「いや・・お前、今日は帰れ。」
なにかと気を使ってくれる上司がたまたま電話に出たのだ。
課長が留守なので、俺が報告しておくからという。
確かに継続して高熱が出ているなら、また倒れるだけだ。
朝乗ってきたバイクもヤバそうなので、その日は病院から
直接バスに乗って帰宅した。

翌日、予想どおり説教をくらった。「なぜ突然休むのか?」
つまり、幾日か前に脳梗塞や高熱で倒れることを報告しろという事か。
なにか面倒くさくなったので
「わかりました。休まなきゃ良いんですね。」
キャッシングと言っても、話を終わりにした。

もちろん、また体調が悪くなる時があったら

絶 対 休 む !!

説教が怖くて脳梗塞になるなんてまっぴらだ。
静浜の基地に展示?されていたバイク。

実は憧れのバイクだったりする。
並列6気筒エンジン1600CCの怪物マシン。

いつかは乗ってみたい。